第6回フォトコンテスト入賞者・入選者のお知らせ

1月31日(日)に、千万町楽校にて、第6回茅葺きの里フォトコンテスト表彰式が行われました。

photo-contest2015_blog_1 入賞・入選の皆さんが参加してくださり、盛大に行うことができました。
応募状況は、応募者人数20人、応募点数42点でした。
すべての参加作品が飾られる1階のオープンスペースで実施しました。

入賞者及び入選者は以下の皆さんです。

最優秀賞(市長賞)「みつまたの咲く森」 池田宏さん
優秀賞(議長賞)「私達を見守ってね 野仏様」 岩瀬富雄さん
優秀賞(市教委賞)「あじさいの里」 神谷忍さん
子ども部門(中日新聞社賞)「みんなでお陰をもらおう」 荻野笑歌さん
スナップ写真部門(東海愛知新聞社賞)「過疎の里のにぎわい」 加藤和久さん
入選「楽しい運動会」 小林聰さん
入選「楽しい夏休み」 下川清光さん
入選「木下の桜並木」 浅井明さん
入選「笹雪」 大河原勲さん
入選「笑顔は今も」 松本友子さん
入選「ススキだ くすぐったい」 鈴木美香子さん
入選「ススキに囲まれる茅葺屋敷」 仲柴結生さん
入選「野仏さん、あったかい」 神谷麻生さん

入賞・入選作品はこちらのリンクからご覧になれます。
第6回フォトコンテスト入賞作品
photo-contest2015_blog_2 表彰の後で、鈴木勝男審査委員長さんの講評、その後、参加された皆さんから、一言ずつ作品にまつわるエピソードや感想を述べてもらいました。撮影の苦労や苦心がよく分かりました。宮崎小学校の児童も実に堂々と自分の苦労したところや感想を話してくれました。子どもの目の付け所の良さと写真の出来映えと共に、自分の考えをしっかり言えることに驚きました。宮崎小学校が、ふるさと学習に取り組んでいる成果を感じました。
茅葺屋敷の閉鎖もあり、来年度からは、「心のふるさと千万町・木下 山里のお宝フォトコンテスト」(略称:山里のお宝フォトコンテスト)と名称を変更して継続していきます。

会場は、今、ひな人形と吊るし雛などの作品が飾られて、とても賑やかで華やかな雰囲気になっています。
photo-contest2015_blog_3 photo-contest2015_blog_4 告知が遅くなりましたが、是非、足を運んでみてください。
作品展の開催は以下の通りです。

■フォトコンテスト入賞作品展

入賞作品の作品展を千万町楽校にて開催します。
フォトコンテスト作品展と同時にひな人形展、楽書展も同時開催しています。
日時:平成28年1月31日(日)午前10時~午後3時
1月30日(土)、31日(日)、2月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)、3月5日(土)、6日(日)
(最終日まで、土日のみ、同時間帯にて開場)