桜満開!千万町楽校

4月15日(土)は木下町の神明宮例大祭、そして4月16日(日)は千万町町の八剱神社の例大祭でした。

千万町例大祭
千万町例大祭

4月9日(土)の千万町と鳥川とのコラボ企画の「ぬかたの山里 桜・ミツマタまつり2017」には、まだほとんど蕾み状態の千万町楽校の桜でしたが、両町のお祭りに合わせるかのように、満開となりました。例年より桜の開花が10日ほど遅い感じです。

千万町楽校の校舎給食室前のソメイヨシノや校門側の枝垂れ桜も見事に咲いていました。

千万町楽校桜

また、「岡崎さくらマップ」(2017)で岡崎の桜15選に選ばれた「乙川 旧千万町小学校向い」の桜もちょうど満開となりました。乙川の流れに桜並木がはえています。同窓会の方が植樹し、毎年、千万町・木下の住民にて、年3回の草刈りなどを実施して、手入れして見守ってきた桜並木です。

千万町楽校桜

三椏の花や桜の開花を迎え、春祭りが終わるころから、お米作りの田んぼ仕事が始まります。こうしてまた、千万町・木下の山里にも春が巡り来て、人々の田んぼや畑仕事が本格的に始まっていきます。