みんなが音楽を楽しみ、みんなの歌声が広がった 第13回 山の小さな音楽会

5月21日、第13回山の小さな音楽会が千万町楽校で開催され、2階ホールが120名ほどの参加者の皆さんで大盛況となりました。楽器の素敵な音色とみんなの元気な歌声と温かな笑い声で、千万町楽校も喜んでいるようでした。

今回の出演者は、歌謡バンド・ヒマナシスターズ(13名)、ピアノ&ボーカルユニットShamo(シャモ)(3名)の皆さんでした。子どもから大人まで、聞いて楽しく、参加者も歌って楽しめる本当に素敵な音楽会となりました。

第一部のShamo(シャモ)は、子どもになじみの曲やスイミーの音楽劇などを元気いっぱいに歌ったり踊ったりしてくれました。

山の小さな音楽会
山の小さな音楽会

第二部のヒマナシスターズは、懐かしの歌謡メロディを、会場のリクエストに応えながら年代をおって演奏してくださいました。会場の参加者の皆さんも盛り上がり、みんなで一緒に歌えて大いに盛り上がりました。

山の小さな音楽会
山の小さな音楽会

そして最後は、ヒマナシスターズの演奏にShamoの歌声も加わり、「千万町小学校校歌」と「ふるさと」を会場に皆さんで合唱しました。会場に一体感と温かな雰囲気があふれました。

山の小さな音楽会

山の小さな音楽会に参加してとても良かったという感想と共に、来年度も是非継続してやってほしいとの声が多数寄せられました。参加者の皆さんから寄せられた感想のほんの一部を紹介します。

・とても楽しいです。シャモさんに元気をもらいました。ヒマナシスターズも楽しさと懐かしさを感じ良かったです。
・楽しいひとときを過ごすことができ、ありがとうございました。シャモのスイミーの音楽劇はとても良かった。本当に情景が目に浮かぶようでした。昭和の歌もなつかしく良かった。また、機会がありましたら参加したいです。
・ヒマナシスターズが面白く楽しかったです。シャモあこがれます。声もきれい、心に響きます。ありがとうございました。
・素敵な歌声をありがとうございました。演者が楽しそうに、うれしそうに歌っているのが、何より良かった。スタッフの方々、ご苦労様です。